東日本支部主催セミナー

2022年問題 宅地大量供給で地価暴落!?都市農地はこう変わる

刻々と近づく、いわゆる2022年問題。

生産緑地法改正によリ1992年に 大量に指定された「生産緑地」の解除条件である30年が2022年に到来します。現在の農業人口の減少と後継者問題から市街地農家 は、再度、生産緑地を継続するという選択肢は選ばないと言われ、それによって大量な宅地が供給されていると考えられています。したが って、これは生産緑地指定の農業従事者だけでなく、大都市圏の不動産オーナー、そして隣接するエリアの不動産オーナー 、それだけでなく全ての不動産オーナーにとっても大きな影響を与えることは間違いありません。

今回の講演では、倉橋隆行氏が様々な角度から、実践的な資産防衛策と相続対策などの側面からアドバイスします。あと5年の歳月は、長いようで短い。

今から準備することで、大きなリスクを回避できるかもしれない。

ぜひ、お時間がある方は、この機会にこ参加ください。

講師 
倉橋 隆行 CPM®
株式会社シー・エフ・ネッツ
代表取締役

自ら「不動産投資」を実践し、「不動産コンサルティング」を中心に活動中。特に不動産に関する法律に精通し、相続対策や土地有効活用、不動産投資などのコンサルティング及びセミナーを行っている。現在、株式会社シー・エフ・ネッツのほか、グループ企業10社超の経営を行いながら、不動産経営者向け・実務者向けセミナーも全国で実施している。

日時: 2017年11月9日(木)
18:00~19:30(受付は17:30より)
会場: IREM JAPAN セミナールーム

〒108-0074 
東京都港区高輪二丁目15番19号 
高輪明光ビル2階


セミナー費用: 3,000円
懇親会: 5,000円
定員: 40名

インターネット申し込み

詳細PDFダウンロード


【問い合わせ窓口】
IREMJAPAN事務局
東京都港区高輪二丁目15番19号高輪明光ビル2階
TEL 03-5422-8404 FAX 03-3446ー2767 
メール npo@irem-japan.org